読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

la vie en violette

サンフレッチェとサッカーに染まった日々

【修正中】ひろしま菓子博2013に遊びに行ってきました 後編

前回に引き続き菓子博レポート



⑤"憩いのゾーン"は来場者の心理をよくつかんでいる
中央公園ファミリープールは"憩いのゾーン"というコンセプト。
その名の通り「ファミリー」向けの「憩い」のスペースになっています

菓子博17
《当日撮影》

プールサイドカフェと表記されていたので喫茶スペースかと思いきや。
キッズパークという子供が遊ぶためのスペースも用意してありました

菓子博18
《当日撮影》

パワーパドラー。
羨まs…結構楽しそうです

菓子博19
《当日撮影》

迷路やドラゴンタワースライダーも

子連れでこういった場所に来ると多くの場合、子供が飽きてしまうもの。
そんなときのためにこういった面白そうなスペースを用意してあるのは嬉しいですね

カフェスペースはいまいちでしたが、こちらは顧客心理をつかんだイベント施設だと思います

菓子博20
《当日撮影》

ただし別料金なのはえげつない


菓子博最大の見所="お菓子美術館"と"お菓子のテーマ館"
次の訪れたのは"お菓子美術館"と"お菓子のテーマ館"

菓子博21
《当日撮影》

場所は広島県立総合体育館の大アリーナ。
余談ですが、小アリーナは"体感ゾーン"に、武道場などは通常通り利用されているそうです

入場すると、まずは"お菓子美術館"から見て回ることになります。
"お菓子のテーマ館"と併せて撮影禁止となっているので詳細は公式サイトの画像

ただ、休憩スペースにはその手の張り紙が見当たらなかったので1枚だけ撮影してみました

菓子博22
《当日撮影》

このように順路にしたがって作品を見ていく形。
最初の作品群は花鳥風月の中でも「花鳥」を重視した作品が多く代わり映えしません

ですが、しばらく歩くと京都府の協賛出展スペースが登場してきます。
この企画は京都をイメージした具体的なもので構成されていて、見ていて飽きませんでした。
見る価値は充分あるはずです

1ヵ所だけ人が止まって動かないスペースがあり、何事かと思って覗いてみると旧広島市民球場周辺の昭和の風景をお菓子で再現するという企画でした(何故か出展は兵庫)


この菓子博最大の目玉と言っていい厳島神社は"お菓子のテーマ館"にあります

菓子博23
ひろしま菓子博2013より》

これを見るためだけに来ている人が多いからか、近くで見る人用の道。
それとは別に遠巻きになるがショートカットで見れる道が用意されていました

個人的には厳島神社そのものだけでなく、その後に作業工程が解説されているのでそれと合わせて見るとより楽しめると思いますよ


これらの企画展示は目玉イベントだけあって人もそれなり。
スタッフから常に歩いてくださいという指示が飛んできます。
1作品あたりに10秒もかけられないでしょうし、休日はもっと酷いかもしれません。
そんな理由もあってどの辺から"お菓子のテーマ館"に移ったかよく覚えていないのですが



⑥実際に歩いてみないと分からないこと
菓子博を訪れるにあたって、半分はイベントを楽しもうという気持ち。
もう半分がどのようなイベントなのか調査しようという好奇心。
そうなると企画展示だけでなく施設周りも気になってきます

今回訪れてみて一番気になったのは「段差」

"全国お菓子めぐり館"の内部の段差が気になったという話は前回書いた通り。
菓子博全体で見ても、段差等がやけに多かったように思います

菓子博24
《当日撮影》

こちらはハノーバー庭園付近の階段。
ちょっとしたものではありますが、お年寄りには意外とキツイのでは

菓子博25
《当日撮影》

何でもないところに小こんな注意書き。
実は意外と蹴躓いてしまったりします

他にも自家発電機の配線カバーが危ない段差を作っていたり。
"にぎわい味わいゾーン"は元々の構造上階段・段差が多くなっています

「段差に注意してください」と呼びかけるだけのスタッフも多く配置しています。
その多くは中央公園の構造上仕方ないことだということも理解しています。
しかし、それでも準備段階でもう少しカバーできなかったものかと大きな不満が残るのです



⑦入場料2000円は高いか?安いか? 
よく議論の俎上に載せられているのがチケット価格は適正か否かという話。
様々な考え方があるでしょうが、私個人としては「やや高いが許容範囲」です

菓子博26
《当日撮影》

"お菓子美術館"と"お菓子のテーマ館"という二大コンテンツを見に行く。
いわば美術館や博物館を見に行く感覚で来場すれば、充分ペイできる内容だと思っています。
それでも少し高い気はしますが、希少性を考えれば充分妥当な範囲ではないでしょうか


ただし、内容は良くてもそれを満足してみられるかは別問題であるということも記しておきます

たとえば"全国お菓子バザール"は平日午後でも大行列。
"お菓子美術館"と"お菓子のテーマ館"にしても「止まらないでください」というアナウンス。
"全国お菓子めぐり館"もかなりの人混みでした

良質なコンテンツがあっても余裕を持って楽しめるかという点では疑問があります。
そして今回のレポートは平日午後のものであり、休日はこれ以上であろうことも


また、前項でも取り上げた「段差」の多さ。
前回の記事でも取り上げた休憩スペースがあまりないこと

(注記)
休憩スペースとしてグリーンアリーナの2階席が用意されており、ここは広い
だが、それ以外の休憩スペースは時折ベンチがあるものの多くは日が当たって暑い


一転、電動車いす全面受け入れへ ひろしま菓子博
《2013年5月8日閲覧 朝日新聞

 広島市で開催中の第26回全国菓子大博覧会・広島(ひろしま菓子博2013)に電動車いすの入場が拒否された問題で、広島県や同市、業界団体などでつくる実行委員会は21日、入場を原則として全日程で認めると発表した。
 実行委によると、22日から入場可能になる。混雑中は手動車いすへの乗り換えを求めるが、補助する介護福祉士などを常駐させ、車いすを押すボランティアスタッフも配置する。乗り換えが難しい利用者は、23日から事前予約制を設け、来場日程を調整する。
 実行委は19日の開幕から2日間で少なくとも2人の入場を拒否。その後、平日のすいている時に限って入場を認めるとしたが、方針転換した。


上記の件で揉めたことも含めてユーザー視点が欠けているという指摘は避けられないでしょう

  • コンテンツ自体は割高ではあるが、料金に見合うものではある
  • 入場時、観覧時、待ち時間などのコストが高く感じさせている要因の1つ
  • また、追加料金("憩いのゾーン"やバザールでの購入費用)がそれを助長している
  • 一方、博覧会は大概こんなものではないか
  • ただし、その提供側に問題があるため高く感じてしまう部分は否定できない


以上が「チケット価格は適正か」という疑問に対する個人的な感想です


どうでもいい話ですが道中でこのAAを思い出しました。
あまり笑えませんが

菓子博27
《適当に作成》


⑧思い出
最後に、2枚だけ写真を掲載しておきます

人がよく集まって写真を撮っていた場所がこちら

菓子博28
《当日撮影》

多くの人が気づいていなかった場所がこちら。
暗くて分かりにくいですが、ライトスタンドの様子

菓子博29
《当日撮影》


以上で簡単ではありますが現地レポートとさせていただきます