読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

la vie en violette

サンフレッチェとサッカーに染まった日々

【修正中】《Part.3》 第1回サッカースタジアム建設シンポジウム 前半レポート

※当記事は2012年11月5日に開催されたスタジアムシンポジウムに関するものです※


Part.3は"スタジアムの進化"というタイトルで進めていきます。
まずは基調講演の概要をまとめた後、それについて少し触れていきます

第一段階…グラウンド
機能:日本の場合は学校、体育、運動

街中に近いが中心にあるわけではない。
人口増加に伴い街中から追い出されていく


第二段階…総合陸上競技場、運動公園
機能:大会開催
対象:選手、役員(客は不要)

非常に遠いので自動車が交通手段で駐車場完備

(日本はここで止まっている)


第三段階…ホームスタジアム
機能:ホームスタジアム
対象:観客、メディア
 
使うのはプロチームなので専用、観客のために屋根、アクセス、飲食などを備える。
しかし、土地がないので郊外に作られる

(ヨーロッパや大リーグの1990年代)


第四段階…アリーナ、パーク
機能:街作り

複合型で試合がない日でも使用され、観光スポットとして使用される

マンチェスターユナイテッドでもホーム試合は30試合程度しかない。
プレミアリーグの観客の5%(78万人)は海外の観光客。
どこのスタジアムに行ったかというとサッカー専用で、かつ、アクセスのいい街中のスタジアム

スタジアムは競技的イメージの言葉。
アリーナやパークという名前がヨーロッパやアメリカでは使用されている


スタジアムは管理→運営→経営というように進化している


世界の情勢
  • イギリスやスペインは最初からサッカー場だった
  • フランスとドイツはW杯のとき作った
  • オランダとスイスはEUROに合わせて作った
  • 韓国はW杯のときに10会場作っている
  • イタリアはユベントスを皮切りに作り始めている
 
日本は開幕のときにもW杯のときにも作れなかった
アジアの中でどのレベル水準にあるかと考えると、日本は危機的な状況

 



ここまでがメモ書きをもとにした基調講演の書き起こしです。
続いてスタジアムの発展過程について少しだけ気になった点を


スタジアムの発展過程

基調講演ではパワーポイントで示されたスタジアムの発展過程。
もとの映像が一番良かったのですが、稚拙な画像で表すとこんな感じ

スタジアムの進化01

一周回っているあたり、基調講演であった"人間回帰"の一種でしょう

(注記)
当ブログでは"サッカー戦用スタジアム"を陸上トラックのないスタジアムと定義している
同様に、ここでいう専用とは、競技を観戦するのに適した構造を指す
用途・活用方法としての専用とは区別している点に注意



これを日本で当てはめるとこんな形になりました

スタジアムの進化02
《画像は広島市スポーツ協会広島東洋カープJリーグより》

第一段階は学校のグラウンドも当てはまります。
他には例としてあげた中央バレーボール場や中央庭球場なども

第二段階は多くの陸上競技場が該当。
第三段階は豊田スタジアム埼玉スタジアム
これらは特に説明の必要はないと思います

マツダスタジアムを街中とするかは議論が分かれるところかもしれません。
第四段階として最も分かりやすくしっくりくるのは旧広島市民球場ですね


このスタジアムの発展過程をどこかで見たことがあり、思い返しているうちに見つけました。
広島サッカー専用スタジアム構想委員会さんの広島市民球場の保存改修案という動画



こちらの38秒からほぼ同じ内容が出てくるのが分かります。
今でもこの動画の価値は薄れていません



ちょっと短いですが今回はここまで。
次回と次々回は基調講演のメインとなるスタジアム八策についてです

順調にいけば来週火曜日、もしかしたら少し間が空くかもしれません