la vie en violette

サンフレッチェとサッカーに染まった日々

【修正中】サンフレッチェ広島 2014年通信簿(中編)

(前編)に引き続き通信簿を付けていきましょう。
前回は成績と経営面の話でしたが、今回はスタジアムと企画広報について
 


⑥スタジアム…【よく出来ました】
スタジアムというテーマではありますが、大きく分けて2種類の話に分かれます。
すなわち、既存スタジアムについての話と新規スタジアムについての話です

既存スタジアムについて、サンフレッチェが2014年に取り組んだことは大きく2つあります

1つは2014年から芝かぶり席を廃止。
代わりに新席種・セブン-イレブン フィールドシートを設置しました

2014総括009
サンフレッチェ広島公式HPより》

座席数も50席から104席に増加し、値段も大人6000円から4500円とリーズナブルに。
また、従来はA1ゲート近くのコーナーアーク側でしたが、セブン-イレブン フィールドシートはバックスタンド前で、ピッチに対して平行に設置されています

ただ、厳密にカウントはしていませんがスタジアムで見る限りでは利用者が少ない。
近くで見れるというのは大きなメリットですが、飲食などに制限が多いのも事実。
設置に手間もかかるでしょうし、クラブが今後どう取り扱っていくのかに注目しています


2014総括010
サンフレッチェ広島公式HPより》

もう一つの大きな取り組みがホームゲーム飲食売店の募集

サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
 
このたびサンフレッチェ広島では、来場者の皆さまに、より魅力的かつご満足いただける飲食を提供することを目的に「スタジアムグルメ向上計画」と銘打ち、2015シーズン サンフレッチェ広島ホームゲーム時に出店していただく飲食売店を次の通り募集いたします。多数のご応募、お待ちしております。

表だって飲食店を募集するのは知る限りでは初めてのこと。
エディオンスタジアムに施設上の制約があることは過去も話題になっています

4)観客動員について
《第11回サポーターズカンファレンス議事録 2013年7月20日》
 
【スタジアム・グルメについて】
 スタジアム・グルメにつきましては、サポーターズ・カンファレンスだけではなくメールでも「コラボメニューが冷えていておいしくなかった」等のご意見を日々いただいています。そういったご意見については担当の業者の方等に品質の改善、向上を都度申し入れております。できる部分で改善を図り、より魅力的な商品を提供できるように図っていきたいと思います。一方で言い訳になったら申し訳ありませんが、皆様にご理解いただきたいのが、今のエディオンスタジアム広島は、いわゆるW杯対応のスタジアムやマツダ・スタジアムのように、すでに飲食のブースが入るエリアが設営されていて、給排水の設備等を有しているスタジアムではございません。皆様ご存じの通り、テントを設営して業者の皆様にも努力していただており、そのなかでわれわれも日々、できる限りでの改善を要求している事実はございます。そういった環境にあるということはひとつご理解いただきたいと思います。


こういった制約はありますが、新スタジアムがすぐ出来るわけではありません。
制約を受ける中でカスタマーサティスファクションを向上させる狙いがあると考えられます

立地が悪い分、飲食に投資出来ればリターンも期待できるのではないでしょうか。
この結果にも注目していきたいところです



そんなエディオンスタジアムについて、2014年はJリーグから3度注意等を受けたようです

1つは前回紹介したナビスコ杯の日程変更の件
2つ目は大型映像装置が再度故障したことについて

サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
 
 平成25年2月に表示部の不具合により修理不能となったため、以降は観客席中段部へのLEDパネル(380インチ)を設置し、仮設対応を行っておりました。その間、ご来場された多くお客様には大変ご迷惑をお掛けしておりました。
 
 この度、広島市側による再改修が行われ、再度の仮設対応ではありますが、従来と同サイズの470インチLEDパネルを常設装置画面部に移動設置を行うことになりましたので、ご連絡申し上げます。 
 大型映像装置については、Jリーグからの改善勧告を受けておりましたが、本対応により従来同等の会場サービスをご提供させていただきます。

そして最後の1つがJ1クラブライセンスの交付に際して

サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》

 9月29日(月)、クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定によって、サンフレッチェ広島に対し、2015シーズンに関するJ1クラブライセンスが交付されることになりましたので、お知らせします。 
 なお、クラブライセンス交付第一審機関からは、「トイレの数と屋根のカバー率」について、昨年に引き続き『B等級基準未不充足(制裁対象)』の通知がありました。2015年の審査時に計画の進捗が見られない場合には、今回の「制裁」が「戒告」になる旨も、併せて通知されています。

この中でも特にクラブライセンス制度についてはJリーグ側がかなり強気に来ています。
屋根のカバー率やトイレの数は一朝一夕に改善できるものではありません。
だからというだけではありませんが、新スタジアムが求められる一つの理由ではあります


新スタジアムについて、サンフレッチェ昨年2度のシンポジウムを実施しました。
第4回には中島浩司氏を招き、第5回には森保一監督が出席しています

【参考①】
サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
【参考②】
サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》

署名活動ではついに目標だった40万件を突破
村井チェアマンを招いてトークイベントを実施しました

サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
 
 また、継続的に実施しております「サッカースタジアム建設要望の署名活動」について、多くの方のご協力を得て、このたび40万件を突破いたしました。
 サッカースタジアム建設要望署名数/401,871件(2014年6月27日現在)
 
 つきましては、7月6日(日)『Jリーグ再開&スタジアム署名40万件突破トークイベント』をゆめタウン広島で開催いたしますので、お知らせいたします。




さらに、森保一監督がW杯による中断期間を活用して欧州スタジアム視察に向かい、広島ホームテレビでもその映像が放送されました




11月には1年半にわたったサッカースタジアム検討協議会が閉会
結果として旧広島市民球場跡地と広島みなと公園が併記されることになりました

サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
 
 本日、最終回となる第19回サッカースタジアム検討協議会が開催されました。
 協議会では、広島に相応しいサッカースタジアムについて、これまで議論が重ねられてきました。
 結論は、検討候補地として「旧市民球場跡地」と「広島みなと公園」の2か所併記で最終とりまとめになります。
 旧市民球場跡地1か所に絞れなかったのは残念ですが、ひろしま夢スタジアム実行委員会としては、交通アクセスの良い市内中心部(旧市民球場跡地)にて、広島の街づくり、賑わいの創出、将来に資するサッカースタジアム建設の早期実現に向けて、これまで以上に努力してまいります。

新スタジアムについては後日改めて詳しくやりたいと思っています



⑦企画広報…【大変良くできました】
本稿最後は企画広報について。
2014年もまた面白い企画が満載でした…が、多すぎるので主要なものだけ取り上げます。
また、サンチェに関する企画については数が多すぎるので去年同様別途やります


2014年から大きく変わったことの一つがサンフレッチェレディース
過去3年間は公募で決まっていましたが、2014年から地元アイドルが就任しました

サンフレッチェ・レディース 2014』に地元広島アイドルユニット SPL∞ASH 就任のお知らせ
サンフレッチェ広島公式HP 2015年1月12日閲覧》
 
このたび「サンフレッチェ・レディース 2014」に、地元広島のアイドルユニット“SPL∞ASH”が就任いたしましたので、お知らせいたします。サンフレッチェ広島に関するイベントやグッズ・グルメ情報、魅力の発信など、サポーターの皆さまと一緒に、サンフレッチェ広島を盛り上げる応援ユニットとして活動していきます。

さすがにプロが就任したことで露出面での起用は柔軟だったように感じます。
2015年以降も継続してレディースを努めてもらえるのでしょうか

そんなSPL∞ASHのお披露目となったのが2014サンフレッチェ広島キックオフイベント。
ここでは、まさかのぶっつけ本番で恋するフォーチュンクッキーを踊るというイベントが

佐藤寿人オフィシャルサイト 2015年1月12日閲覧》
 
ファン感、会場がいっぱいになるくらいのたくさんの方々に来て頂き今シーズンへの期待を実感しました。
PVの撮影は何も知らなかったのと振り付けも今日、初めて見たので踊れていませんが・・・
知らない事に年齢を感じました(笑)
仙台時代のファン感ではモー娘。を踊ったので時代を感じますね。
 




メディアの露出も2014年はかなり増えたのではないかと思います。
中でも、ゴールデンタイムの全国放送、とんねるずのみなさんのおかげでした・ぶらり途中下車<貝>に佐藤寿人選手が出演したのは大きなニュースでした

 


ローカルでは2013年からスタートしたTSSのサンフレッチェ魂が4月から毎月放送

2014総括011
サンフレッチェ広島魂より》

これはサンフレッチェの価値が上がったこともありますが、2013年に現役引退された中島浩司さんが所属する株式会社ベアフットの存在もあるのではないかと想像しています

前述した2014サンフレッチェ広島キックオフイベントでもベアフットの協力がありました。
ベアフットという外部組織と協力することで広報は更に柔軟になったのではないでしょうか

2015年も番組が続きますように


試合関連ではフィギュアスケート町田樹さんを招くことが出来ました。
しかも、すごくノリがいい

2014総括011
サンフレッチェ広島公式HPより》

町田樹シートという席種も臨時販売するなど新鮮な企画でした


サンフレッチェ広島といえばバナー芸…と言えるほど面白いものが作られています
今回はその中でも、謎の力作が揃っている"駆けつけ割"のバナーを紹介していきます

駆けつけ割とは、仕事などの関係で平日夜の試合のキックオフ時間に間に合わない人たち向けの商品で、キックオフ30分後以降なら全席種半額になるというお得な割引サービス


それではまとめてどうぞ。
そして、次回が通信簿最終回です 

2014総括013
サンフレッチェ広島公式HPより ACL北京国安戦》

2014総括014
サンフレッチェ広島公式HPより ACL・ソウル戦》

2014総括015
サンフレッチェ広島公式HPより ACL・CCM戦》

2014総括016
サンフレッチェ広島公式HPより ACL・WSW戦》

2014総括017
サンフレッチェ広島公式HPより リーグ再開》

2014総括018
サンフレッチェ広島公式HPより J1・柏戦》

2014総括019
サンフレッチェ広島公式HPより ナビスコ・浦和戦》

2014総括020
サンフレッチェ広島公式HPより ナビスコ・柏戦》


おまけに試合関連で個人的にツボだったバナーを3つ

2014総括021
サンフレッチェ広島公式HP J1・柏戦》

2014総括022
サンフレッチェ広島公式HPより J1・甲府戦》

2014総括023
サンフレッチェ広島公式HPより 天皇杯・水戸戦》


(後編)に続く